陸上競技

芦田創に結婚した妻(嫁)や子供はいる?病気に負けず挑むパラリンピック!

2020年4月19日

Hello!ピョンちゃんです!

パラ陸上競技の走り幅跳びの選手・芦田創さんは、かなりのイケメンですよね~!

これだけイケメンなら、結婚してたり子供もいるのかなって思うところ!

 

なので今回は、芦田創選手に結婚した妻(嫁)や子供がいるのか、調べてみました!

また、芦田創選手の病気についても説明します!

 

芦田創選手のプロフィール

名前芦田創(あしだ はじむ)
身長179cm
体重67kg
生年月日1993年12月8日
年齢26歳(2020年4月時点)
血液型AB型
出身地大阪府 池田市
出身校早稲田摂陵高校、早稲田大学
所属トヨタ自動車株式会社
趣味スポーツ観戦
好きな食べ物お寿司
好きなTV番組お笑い(特に漫才系)
好きな映画アルマゲドン
好きな言葉外柔内剛

芦田選手は読書が好きで、少年漫画を多く読んでいるそうです!

少年漫画の中でも、『NARUTO』『いちご100%』『ONE PIECE』等は、特にはまっていたとのこと!

 

私もONE PIECEは大好きなので、かなり親近感がわきました!(*´ω`*)

 

また、メジャーリーグで大活躍をしていたイチロー選手のことを尊敬しており、イチロー選手の『職人感』を目指しているそうです!

 

やはり、アスリートの方でもイチロー選手のことをすごいと思っているんですね!

まぁ、イチロー選手は本当に素晴らしい選手ですからね。尊敬する気持ちは十分に分かります。

 

芦田創選手に結婚した妻(嫁)はいる?

芦田創選手は、既に結婚なさっておりました!

 

お相手のお嫁さんの名前は、芦田舞さんと言います。

芦田創選手と妻・舞さんが結婚したのは、2018年12月12日です。

 

舞さんは、夫である芦田創選手の食事をサポートするため、時間のある時には、オンライン講座で栄養学について学んでいるそうです。

 

また、料理が得意なようで、舞さんが作られる自家製アップルパイは、甘さが控えめでおいしいとのこと!(芦田選手談)

 

芦田選手は、一般的に売られている卵・乳製品・白砂糖を使ったアップルパイを食べると、倦怠感やニキビなどのアレルギー反応が出てしまうそうです。

なので、妻の舞さんが作られるアップルパイが大好きなんだとか!

 

私が普段食べているアップルパイは、卵・乳製品等が入っているものばかりなので、甘さ控えめのアップルパイは是非食べてみたいなぁって思っちゃいますね~!

奥さんの料理がただおいしいだけでなく、栄養や健康も考えて作られているのは、本っ当にうらやましい限りです!(´;ω;`)

 

芦田創選手に子供はいる?

芦田創選手と妻・舞さんの間には、女の子が一人おりました!

 

娘さんのお名前は、芦田柚(ゆず)ちゃんと言います。

柚ちゃんが生まれた日は、2019年12月29日

 

「個性的に際立ち、突き抜けてほしい」という願いを込めて、この名前を名付けたそうです。

 

芦田創選手の子供の画像!

家族一緒の画像が多くて、とてもなごみます(*´ω`*)

そして、お母さんの舞さんがとても綺麗な方なので、柚ちゃんも美人になりそうな感じがしますね!

将来が楽しみです!

 

芦田創選手の子供の動画!

画像だけでも可愛さが伝わってきましたが、動画だとよりいっそう可愛いです!!

というか、赤ちゃんが怒っている動画って初めて見たかもしれません…(;´・ω・)

こんな風に怒るんですね!全然知りませんでした…(汗)。

スポンサーリンク

芦田創選手の病気について

芦田創選手は、右上肢機能障害という障害を持っています。

簡単に言えば、右腕にハンデがあるということです。

 

この右腕の障害は、『デスモイド腫瘍』という病気を患った影響によるものだといいます。

デスモイド腫瘍とはどんな病気なのかについて、説明していきます。

 

デスモイド腫瘍とは?

デスモイド腫瘍とは、年間の発症率が100万人に1人といわれる原因不明の難病だそうです。

 

デスモイドの性質としては、以下の2つがあります。

 

  • 『転移』はしないが、周辺の組織に浸潤して広がっていく
  • 局所的な再発率が高く、何度も繰り返す

 

このデスモイド腫瘍は、手術などの外傷がきっかけにより発症する可能性があるため、治療がかなり難しいそうです。

 

そのため、摘出手術をしたとしても、手術によって新たなデスモイドが発症してしまい、何度も繰り返す恐ろしい病気のようです。

 

ちょっと調べただけでも恐ろしい病気ってことがよく分かります(;´・ω・)

芦田選手の場合は、5歳から15歳までの10年間、デスモイドとの闘病生活を送っており、その間になんと7回も手術を行ったそうです…。

 

10年間の間に7回も手術だなんて、どれだけ辛いのか想像できないレベルです…。

 

デスモイド腫瘍を患った経緯

芦田選手が5歳の頃、お父様とキャッチボールをしていたそうです。

その時、芦田選手がまっすぐにボールを投げられなかったため、お父様が「おかしい」と思ったとのこと。

 

それで、芦田選手の右腕をよく見てみたら、右ひじが少しはれていたため、病院へ。

病院の診断の結果、右肘が先天的に脱臼していたということが判明し、手術を行いました。

 

しかし、手術が終わった後に再び脱臼してしまい、さらにその患部から『デスモイド腫瘍』を患ってしまったそうです。

 

最初は脱臼の手術を行っただけだったのに、終わってみればデスモイド腫瘍が判明って、本当に怖すぎますよ…><;

 

芦田創選手の経歴

芦田選手の経歴について、順番に紹介していきます!

 

難病と陸上との出会い

両親がスポーツ好きだったことが影響し、少年時代からスポーツが好きだったという芦田創選手。

 

しかし、5歳の頃にデスモイド腫瘍を右腕に患ってしまい、10年間の闘病生活を送ることに

 

そして、15歳の時には、病状の悪化から治療手段がなくなり、お医者さんから

「右腕を切断しなくてはいけない」

と言われたそうです。

 

その時、芦田選手が思ったことは、

「どうせ腕がなくなるのだったら、好きなことをやってやろう!」

と開き直ったそうです!

 

ただ絶望するのではなく、「なんでもやってやろう!」と思えるのが、芦田選手のすごい所かもしれませんね!

 

当時、中学生の芦田選手にとっての好きなことは、『体を全力で動かすこと=走ること』だったんだとか!

 

そのため、全力で走れる競技『陸上』に興味を示し、中学3年生で陸上部に入部

陸上部員として思いっきり走る日々を過ごし、楽しんだそうです!

 

すると、何が作用したのか、デスモイドの進行が止まったというから驚きです!

 

この当時のことについて、芦田選手は自身のウェブサイトで以下のように書いていました。

 

ラッキー&ハッピー!!!

「病は気から」

本当にあると思います。

生まれながらにスーパーポジティブな人間だと思っていましたが、やっぱり当時は下を向いてたのかもしれません。

自分の好きなことにチャレンジするパワーってすごいんです。

引用元:https://ashida-hajimu.com/blog/242/

 

『病は気から』って親からも言われましたし、色々なメディアでも聞きますが、こういうお話を知ると、やっぱり本当なんだなぁと思っちゃいますね…!

どんなに辛い状態でも、明るくポジティブに生きて行かないと…って改めて思います!(`・ω・´)

 

高校時代の出会いからパラ陸上を知るも…

高校でも陸上部に入り、本格的にトレーニングを開始したそうです。

 

ですが、右上肢機能障害というハンデがあることを陸上という競う世界で痛感。

「右腕を自由に使えたら…」と悩んでいたそうです。

 

そんな中、義足アスリートの山本篤選手から

「パラ陸上に来なよ」

と言われ、パラ陸上の世界を始めて知ったとのこと。

 

この出会いがきっかけで、高校3年生の夏に大阪で開催されたパラ陸上日本選手権に参加したとのこと。

すると、400mであっさり優勝!

 

しかも、2か月間トレーニングをしていない時だったため、

「同じ土俵に立てば、こんなにも楽勝なんだ」

なんてこと思ってしまい、満足してしまったそうです。

 

そのため、それ以上を目指して頑張ろうという気が起きなくなり、陸上は趣味の域まで下がってしまったそうです。

 

大学時代に恩師と出会う

大学へ入学し、陸上とは違う楽しさを求め、アルバイトや夜遊びなど大学生らしい遊び方を色々したとのこと。

 

しかし、最終的に陸上以上に面白いものに出会えず

「やっぱり陸上がまだ好きなんだな」

とここで初めて自覚したそうです。

 

そして、大学にあった陸上サークルに3年間所属していましたが、そんな中で早稲田大学競走部の礒繁雄監督に出会ったそうです。

出会った際には、こんな言葉を言われたとのこと。

「お前は障害に甘えている」

 

この言葉により、芦田選手は陸上競技に本気で向き合うようになったそうです!

 

そして、大学4年の時には競争部に入り、走り幅跳びに種目を変更。

厳しい練習の中でひたすらトレーニングを続け、その結果、2015年の世界選手権では、

  • 走り幅跳び 6位
  • 三段跳び 5位
  • 男子リレー 4位

という成績を残しました!

 

芦田創選手の戦績

芦田創選手のこれまでの主な戦績について、紹介していきます。

 

開催年大会名種目成績
2013IPC陸上競技世界選手権 (フランス)男子4×100mリレー4位
2015IPC陸上競技世界選手権 (カタール)男子4×100mリレー4位
男子三段跳び5位
男子走り幅跳び 6位
2016リオデジャネイロ・パラリンピック男子4×100mリレー銅メダル
男子走り幅跳び12位
2017世界パラ陸上競技選手権大会(イギリス)男子三段跳び3位
男子4×100mリレー3位
男子走り幅跳び5位
2018インドネシア2018アジアパラ競技大会男子走り幅跳び3位
2019世界パラ陸上競技選手権大会(UAE)男子走り幅跳び6位

2016年に開催されたリオデジャネイロ・パラリンピックでは、男子リレーで銅メダルと素晴らしい成績を残しています!

 

しかし、芦田創選手が力を入れていた男子走り幅跳びでは、12位と残念な結果に終わってしまっています。

 

今後のパラリンピックではメダル獲得に期待したいですね!

 

まとめ

今回は、パラ陸上競技の走り幅跳びの選手・芦田創さんのお嫁さん・お子さんや病気などについて紹介しました!

以下、今回のまとめになります。

 

  • 既に結婚なさっており、お嫁さんの名前は芦田舞さん
  • 妻・舞さんは、夫のために栄養学について学んでおり、料理が得意。
  • 女の子が一人おり、名前は芦田柚(ゆず)ちゃん
  • 芦田創選手は、右上肢機能障害という障害を持っている。
  • 右腕の障害は、『デスモイド腫瘍』という病気を患った影響によるもの

お嫁さんとお子さんのためにも、今後の大会では頑張って欲しいですね!応援しています!

-陸上競技
-パラリンピック, 走り幅跳び

Copyright© ハロピョンブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.