卓球

小林右京(卓球)の母親・父親(両親)や祖父が凄い!小学校や動画も気になる!

2020年5月2日

Hello!ピョンちゃんです!

最近、メディアなどに取り上げられることも多くなった天才卓球少年・小林右京くん

TV番組で卓球をしている姿を見てみると、小学生とは思えない卓球テクニックに唖然としちゃいました!

 

そんな小林右京くんですが、天才少年と呼ばれるまでに至ったのは、両親のおかげという話を聞きました。

 

そこで今回は、小林右京くんの母親・父親(両親)祖父のことから、小学校のことや戦績について調べてみました!

また、小林右京くんのすごすぎる試合動画も紹介していきます!

 

小林右京くんのプロフィール

 

この投稿をInstagramで見る

 

小林 哲平(@teppei.kobayashi)がシェアした投稿 -

名前小林右京(こばやし うきょう)
生年月日2012年1月26日
年齢8歳(2020年5月時点)
出身地愛知県豊橋市
戦型右シェーク攻撃型
所属ピンテック

ご両親が経営する卓球教室『ピンテック』で卓球を始めています

 

ラケットを握ったのは、なんと0歳!Σ(・□・;)

そして、本格的に卓球の練習を始めたのは3歳頃とのこと。

 

ピョンちゃん
アニメか漫画の話かな?って思っちゃいました!
というか…そもそも、赤ちゃんの頃からラケット握れるんだ!?という驚きもありますけどね…(汗)

 

2019年ナショナルチーム(U-8日本代表)の選手にも選ばれており、卓球の実力はかなりのものです!

 

そんな小林右京くんですが、もう既に企業とアドバイザリー契約を結んでいるんです!

 

卓球総合メーカーの株式会社VICTAS(本社:東京都港区、代表取締役社長:兒玉義則)は、卓球男子ホープスナショナルチームの小林右京(こばやしうきょう)選手とアドバイザリー契約を締結しました

引用元:https://www.victas.com/ja_jp/info/press/victas/2019/07/19-9-19

 

ピョンちゃん
まだ8歳という年齢にも関わらず、既に契約してるってすごすぎますよね…。将来有望すぎます(;´・ω・)

 

小学生で既にヤバい技を持っている!?

既に企業とアドバイザリー契約を結んでいるほど、実力を認められている小林右京くん。

まだ小学生だというのに、9種類のサーブを持っているんだとか!

 

そんな多くのサーブを持っている右京君ですが、『横入れゼロバウンド』という難易度の高い技も持っています。

 

『横入れゼロバウンド』って何?

ネットに対して鋭角に来た球を台の外側から『ネットを越さずに』相手コートに入れる高等テクニック
水を切るように台の上で何度もバウンドして決まれば、返す事が不可能というヤバイ技。
ちなみに、ルール上はOK

 

言葉だけでは分からないと思いますので、横入れゼロバウンドの動画も紹介しておきます!

 

【神業!?】卓球横入れ&ゼロバウンド練習【卓キチちゃんねる】table tennis

 

実は、このヤバイ技を覚えた経緯がすごいんです…。

 

『ヤン・オベ・ワルドナー』という世界を制した伝説のプレーヤーがいるんですが、右京君はその選手に憧れているそうです。

そのため、時間があればワルドナー選手の動画を見て、勉強しているんだとか!

 

そんなワルドナー選手の動画の中に、先ほど述べた『横入れゼロバウンド』という技があったとのこと。

それを見て、「かっこいい!」と思い、真似してみたらできた、って話らしいんですよ…。

 

ピョンちゃん
いやいやいや!真似したらできたって、めちゃくちゃ天才じゃん!
10年後には『日本のワルドナー』なんて呼ばれるかもしれませんね…ホント、マジで。

 

小林右京くんの母親が凄い!

母親の名前は小林佳子さんといいます。

ここでは、母・佳子さんについて紹介していきます。

 

母・佳子さんの経歴

元実業団選手で、松下電工彦根(社会人卓球チーム)でキャプテンとして活躍していた過去があります!

現役引退後は、ナショナルチームの講師として活躍なさっているそうです。

 

母・佳子さんの過去の成績としては、以下の通り。

 

  • 高校時代に日本一になった
  • ユース国際大会でメダルを獲得
ピョンちゃん
お母様の若い頃は、卓球選手として相当な活躍をしていたんですね…(;゚д゚)

 

しかし、実業団選手としてはベスト8がやっとだったといいます。

 

母・佳子さんの教育方針

結婚2年目に右京くんが生まれたとのこと。

その時、『オリンピックで金メダルをとってほしい』という夢を託すために、ある計画を立てたといいます。

 

それは、『JOCエリートアカデミー』へ入所させること

 

『JOCエリートアカデミー』とは?

中学1年生から有望選手だけが入れる国内の選手強化施設。
『11~12歳の部 日本チャンピオン』、もしくは『世界大会ベスト4以上』でないと入所できない条件がある。

 

この『JOCエリートアカデミー』に入れるため、母・佳子さんは今までの経験を息子である右京くんにつぎ込んでいるんだとか!

 

ピョンちゃん
そういう計画を右京君が生まれた時から立てていたなんて、本当にヤバイですね…!

 

しかし、だからといって、息子・右京君の全ての時間を卓球に使わせている訳ではないようです。

 

母・佳子さんは、インタビューの時に以下のコメントをしていました。

 

「公園で遊んだりですとか、家の中でも工作をして指先を使ったりですとか、“感覚”を磨いたり、“身のこなし”を磨いたり卓球をしていない時にどのような時間を過ごすかという所に重点を置いています

引用元:https://hicbc.com/sports/highfiveweb/archives/20190307_01/

このように、卓球以外の感覚も磨けるように心がけているそうです!

本当によく考えられた教育方針だなと感心しちゃいますね…!

スポンサーリンク

小林右京くんの父親も凄い!

父親の名前は小林哲平さんといいます。

 

高校卒業後は、明治大学に入学。

卓球選手として活躍していたようですが、ケガが原因で卓球選手としての道を諦めたそうです。

 

そんな父・哲平さんの現役時代の成績は、以下の通り。

 

  • 全国選抜 優勝
  • インターハイ団体 2位

 

この成績を見るだけでも、相当な実力者だったんだろうなということが分かりますね。

それ以降は、愛知県豊橋市にあるピンテック卓球場のコーチとして活躍なさっているそうです。

 

2017年からは、ナショナルチームコーチ(U-8)を担当することになったため、息子・右京君を直接指導するのは、母・佳子さんの役割だそうです。

 

ピョンちゃん
お父様も右京君を多く指導してあげたいという気持ちがありそうですねー(´・ω・`)まぁ担当があるので無理なんでしょうけれど…。

 

小林右京くんの祖父も凄い!

アスリート選手の両親もアスリート選手だった!とかなら、まだ聞く話ですよね。

 

しかし、小林右京くんの場合は、それを更に上回ります!

なんと…小林右京くんの祖父2人は、卓球選手と卓球の指導者だったんです!

 

父方の祖父について

名前などの詳細な情報は分かりませんでしたが、卓球の指導者だったそうです!

父・哲平さんは祖父の影響により、小学生5,6年生の頃から卓球を始めたとのこと!

 

今現在は、現役で卓球教室の先生をしているというから、ちょっと驚きですよね!

 

ピョンちゃん
年齢の詳細が分かりませんが、高齢な方なのではないでしょうか…?にも関わらず現役で先生をしているとは、かなりお元気ですね…!

 

母方の祖父について

母方の祖父は村瀬勇吉さんといいます。

 

現役時代は、全日本愛知代表に選出されるほど、卓球選手としての実力があったそうです!

また、日本代表にサーブのコーチとして招かれたこともあったとのこと!

 

ピョンちゃん
ご両親もすごかったですが、祖父もすごすぎでしょ…。

 

現役引退後はナショナルチームの講師を務めていたようです。

その後は、愛知県豊橋市に現在の卓球教室『ピンテック』を開業したとのこと。

 

そんなすごすぎる祖父・勇吉さんは、右京君に対して以下のコメントをしていました。

 

「右京のいいところは回転の量が、非常にレベルが高いところ。あの年代であれだけの回転量出す子は初めてです。世界一のサーブの名手になるかもわからないですね」

引用元:https://hicbc.com/sports/highfiveweb/archives/20190307_01/

 

ピョンちゃん
世界一のサーブの名手!?将来どんな選手になるのか、本当に楽しみになってきました…!

 

小林右京くんが通っている小学校はどこ?

小林右京くんがどこの小学校に通っているのか調べてみました。

 

卓球教室『ピンテック』があるのが、愛知県豊橋市野依町です。

なので、単純に考えたら「豊橋市野依町にある小学校なのかな?」って思いました。

 

ですが、豊橋市野依町にあるのは、あくまで卓球教室自宅じゃないんです

それを踏まえて考えると、必ずしも豊橋市野依町内にある小学校とは限らないのではないかなと。

 

なので、予想できるのは豊橋市内の小学校に通っているのではないか?というとこまででしょう。

 

小林右京くんの試合動画がヤバい!

小林右京くんの試合動画を紹介していきます!

 

 

小林右京くんの戦績

小林右京くんのこれまでの主な戦績について、紹介していきます。

 

開催年大会名成績
2018年 U-7卓球選手育成事業~未来のメダリスト~ 代表リーグ戦1位
全農杯 全日本卓球選手権大会 ホープス・カブ・バンビの部 バンビ男子4位
2019年全農杯 全日本卓球選手権大会 ホープス・カブ・バンビの部 バンビ男子2位

まだ小学生ですが、既にこのような素晴らしい成績を残しています!

これからどのような選手になっていくのか、期待しかありません!

 

まとめ

今回は、天才卓球少年・小林右京くんについて紹介しました!

以下、今回のまとめになります。

 

  • ラケットを握ったのは0歳卓球の練習を始めたのは3歳頃から。
  • 8歳で既に企業とアドバイザリー契約を結んでいる
  • 『横入れゼロバウンド』という難易度の高い技を持っている。
  • 両親は、卓球選手として活躍していたことがある。
  • 祖父2人も卓球選手と卓球の指導者だった。
  • 愛知県豊橋市内の小学校に通っていると予想。

小林右京くんについて調べてみましたが、卓球選手としてかなり有望ということが分かりました!

将来はオリンピックに出場して、金メダルを取って欲しいですね~!

 

 他の天才スポーツ少年の記事はこちら! 

-卓球
-天才キッズ

Copyright© ハロピョンブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.