皇室

小室圭の解決金や弁護士費用はどこから支払われる?税金説や貯金説などを考察!

2021年4月12日、小室圭さんの代理人の弁護士が

「『解決金』を支払って金銭トラブルを解決したい」

という意向を発表しました。

 

ここで疑問なのは、小室圭さんが支払うとされる解決金は、どこから支払われるのか?ということ。

また、小室圭さんが何かを発表する際は、いつも代理人の弁護士さんがいますが、この弁護士さんに払っているお金もどこから支払われているのか謎です。

 

そこで今回は、小室圭さんが払う解決金や弁護士費用はどこから支払われるのか?

税金から支払われる説や貯金から支払われる説などを考察&まとめてみましたので、ご紹介します。

 

小室圭さんの解決金や弁護士費用はどこから支払われるのか考察

お金に疑問を持つ男性

小室圭さんは今現在、弁護士資格を取得するため、アメリカへ留学中です。

なので、今は特に働いてもいないため、どこから支払われるのか、ますます謎…。

 

私個人としては、以下の3つの候補から支払うのではないか?と考えています。

 

  • 貯金から支払われる説
  • 働いて地道に返す説
  • 勤務先の法律事務所から支払われる説

SNS上では、

「税金(皇室・宮内庁)から支払われるんじゃ…?」

といった声が多く見受けられます。

しかし、私の考えとしては、税金から支払われる可能性は低いと思っています

 

まずは、なぜ税金から支払われる可能性が低いのかについて説明します。

 

税金から支払われる可能性は低い

皇室や宮内庁から、つまり、私達の税金から支払われるという可能性が絶対にないとは言い切れません。

 

しかし、小室圭さんが解決金や弁護士費用を税金から支払うという選択をするとは到底思えないんです。

なぜなら、小室圭さんは、私達国民の思いや考えをかなり気にしているからです。

 

2021年4月8日、小室圭さんは28枚もの『説明文書』を公表しました。

その説明の中には、以下の内容が記載されていました。

 

報道のされ方を見ていると、確かにお金をお渡しすれば借金だったことにされてしまう可能性は高いように思えました。

お金を渡してしまえば借金の返済だったと誤解されてしまうだろうとか、世間からはやはり借金だったのだと見られてしまうだろうというのは考えすぎだ、私がきちんと事情を説明すれば世間は信じてくれたはずだ、とおっしゃる方がいらっしゃるかもしれませんが、当時の報道をみると、全くそうは思えませんでした。

こうして、何の話し合いもせずにお金をお渡しするという選択はしないことに決めました

出典元:【全文】小室圭さん金銭問題の説明文書公表

 

つまり、『説明文書』を公表した時点では、解決金は渡さないという結論を出していたんです

 

にも関わらず、その4日後には、解決金を支払うという公表をしました

 

なぜ、『説明文書』から一転して、解決金を支払うという決断をしたのか?

…やはり、国民の反応を知り、「このままでは結婚を受け入れてもらえない…!」と思ったからでは?と私は考えています。

 

『説明文書』を公表した後、ツイッター上では、以下のような感想がありました。

 

 

色々な感想がありましたが…どれも

「借りたお金に対して、返さない理由を長々と言うのは、どうなの?」

といった内容が多く見受けられました。

 

ピョンちゃん
まぁ…普通の人だったら、みんなこう思うよね…(;´・ω・)

 

このように、ツイッター上を見るだけでも、『説明文書』に対して批判的なコメントが多くありました

小室圭さんは、この批判的なコメントの多さを見て、焦ったのではないでしょうか?

だからこそ、『説明文書』の公表の4日後に、解決金を支払う意向を示したのかなと。

 

…となると、小室圭さんは私達国民の反応をとても気にしていると思うんです

 

そんな中で、

「解決金は税金(皇室・宮内庁)から払うことになりました」

なんてことが公表、もしくはバレてしまったら、どうなるでしょう…?

 

確実に国民の反感を買い、ますます結婚を反対されるに決まっています。

 

ですから、結婚を円満に行うためにも、解決金を税金から支払うという選択をする可能性は低いと思っています。

スポンサーリンク

貯金から支払われる説

豚の貯金箱

小室圭さんは実は貯金を持っており、そこから支払うという可能性もあります。

 

働いていないのに、貯金なんてあるの?

こう疑問に思う人は多いと思います。

 

しかし、調べてみると、小室圭さんは『パラリーガル』として在籍していた『奥野総合法律事務所』から『生活費』をもらっていたようなんです

 

さらに両誌によれば、小室さんがパラリーガルとして在籍していた奥野総合法律事務所が、従来の給与相当額を「生活費」として小室さんに支払っており、その“支援”は3年間におよび、一般的なパラリーガルの給与から計算すると、3年間で総額1500万円に達するという。

出典元:ビジネスジャーナル

パラリーガルって何?

弁護士の指示、監督のもとに法律事務に携わる専門職のこと。

 

ピョンちゃん
3年間で1500万円って…相当な額だよね(;´・ω・)

 

もし、このもらっていた『生活費』が奥野総合法律事務所に返さなくていいお金なのであれば、この大金を貯金していたとしてもおかしくないと思うんですよね。

 

となると、この『生活費』のお金を、今回の『解決金』や『弁護士費用』にあてていたとしても、おかしくないのかなと

 

働いて地道に返す説

会社で働く男性

小室圭さんが就職し、真っ当に働いたお金で地道に返すという可能性もあります。

 

2021年4月現在、小室圭さんはアメリカに留学をしていますが、予定では、今年2021年に帰国し、『奥野総合法律事務所』に勤務するという報道がありました。

 

関係者によると、小室さんは今年春、勤務先の法律事務所に渡米の希望を申し出た。すでに米国での通学先は決まっており、現在の事務所に籍を残し、21年に帰国後、再び勤務する予定という。

出典元:朝日新聞デジタル

 

この報道は2018年のものなので、この時の予定通りになるかは分かりません。

 

ただ、小室圭さんは『奥野総合法律事務所』から『生活費』をもらっているため、恩義を感じているのであれば、『奥野総合法律事務所』で働く可能性は高いでしょう。

 

となると、勤務先はあるため、そこで地道に稼いだお金を『解決金』にあてるのではないでしょうか?

 

2021年4月13日時点では、『解決金』を渡す相手である元婚約者の代理人は、『解決金』に関してこう答えています。

「戸惑っている」

「元婚約者と相談して検討していきたい」

出典元:日テレNEWS24

 

つまり、まだどういう支払い方をするのか?といった詳細まで分からない状態ということ。

 

ですから、解決金の支払い方の方法として、『地道に働いて返す(分割?)』という提案をこれから小室圭さん側がしてもおかしくないのかなと思います。

 

勤務先の法律事務所から支払われる説

法律事務所

留学前から勤務していた『奥野総合法律事務所』から支払われるという可能性もあるかもしれません。

 

実際、小室圭さんはアメリカの留学先の『生活費』を多くもらっていました

ですから、解決金も『奥野総合法律事務所』が立て替える可能性はありえます

 

ピョンちゃん
最初は法律事務所側が立て替えて、後は小室圭さんが働いたお金で地道に返済…という形もありえそう。

 

また、代理人の弁護士費用に関しては、その弁護士と『奥野総合法律事務所』が何かしら接点を持っているということも考えられます

 

もし、そうであれば、弁護士費用を安くしてもらってたり、もしくは、弁護士費用も『奥野総合法律事務所』が支払っている…なんてこともあるかもしれません。

 

小室圭さんの解決金や弁護士費用に関するまとめ

今回は、小室圭さんの解決金や弁護士費用がどこから支払われるのかを考察したものを紹介しました。

以下、今回のまとめになります。

 

  • 国民の思いや考えを気にするなら、税金で払う可能性は低いと考える。
  • 在籍していた法律事務所から『生活費』をもらっていたため、その『生活費』で支払う可能性はある。
  • 予定では、2021年に帰国し法律事務所で働くようなので、そこで地道に働いて支払うということもありえる。
  • 小室圭さんが在籍している法律事務所が立て替えるという可能性もある。

2021年現在は働いていない小室圭さんですが、色々調べてみると、解決金を支払う方法はいくつかあるのかなと思います。

実際、どのような形で解決金を支払うのかは分かりませんが、国民全員が納得できるような形で支払ってもらいたいと思いますね。

関連記事

こちらの記事もよく読まれています

-皇室
-小室圭

© 2021 ハロピョンブログ Powered by AFFINGER5