歌手・ミュージシャン

中村佳穂の経歴・生い立ちまとめ!何の影響で音楽を始めたのかルーツを紹介!

『竜とそばかすの姫』で主人公の声優をする中村佳穂さん

今かなり注目されていますが、どんな経歴を持った方なのか知らないため、個人的にめちゃくちゃ気になりました。

 

なので今回は、中村佳穂さんのこれまでの経歴・生い立ちをまとめてみたので、ご紹介していきます。

 

中村佳穂さんの経歴・生い立ち

経歴・生い立ちについては、

  • 幼少期
  • 高校時代
  • 大学時代
  • 大学卒業後

と分け、順番に紹介していきます。

 

幼少期から音楽に触れていた

ピアノを習う子供

お母様が音楽好きで、昔から家では音楽が流れていたそうです。

その影響もあってか幼い頃は、

  • 音楽を聴くこと
  • 絵をかくこと

の両方が大好きだったとのこと。

 

そんな中村佳穂さんは、2歳の頃からピアノを習っていたといいます。

ここで驚きなのが、ピアノの先生が弾いた音を聴くと、その曲を覚えていったというのです。

 

幼い頃からこのような離れ業ができた中村佳穂さん。

音楽の才能を元々持っていたとしかいえないでしょう。

 

幼稚園の時には将来を決めていた!

自分が将来、どのような職業になりたいか?

高校・大学に進んでも、決めれない人は多いはず。(筆者もその中の一人…)

 

しかし、中村佳穂さんの場合は、幼稚園の頃には将来を決めていたというから、驚くしかありません。

 

目指す方向が定まったのは、なんと幼稚園の頃。「歌も絵もとっても好きな人間で、好きすぎて、歌手か絵描きどっちかの職業になると思っていました」

出典元:読売新聞オンライン

環境や才能から、その道の可能性を考えることはあるはず。

しかし、幼稚園で将来の道を既に見定めてしまったというのは、普通の人とはかけ離れている気がします…!

高校時代について

授業を受ける高校生

当初の進路は美術大学

 

高校の部活は、

  • 『吹奏楽部』
  • 『美術部』

両方を掛け持ちし、生活していた中村佳穂さん。

 

高校は普通科でしたが、音楽を続けつつ、美術大学に進むことを決断していました。

 

『音楽』のみに専念することを決断

しかし、卒業制作時に、

「『音楽』と『絵』の両方を続けることは不可能」

と判断。

 

最終的に『絵(美術)』を切って、『音楽』一本に絞ることになりました。

 

ちなみに、この時点では、既にある美術大学の受験に合格

 

ですが、音楽に専念するため、美術大学の入学を辞退

その後、1年かけて大学を選び直したのです。

 

出身高校や、高校生活エピソードの詳細については、以下の記事でまとめています。

関連記事

 

大学時代について

バンドをする大学生

20歳から音楽活動を開始

大学入学後の20歳から、本格的に音楽活動を開始した中村佳穂さん。

 

しかし、お父様は音楽活動に反対

「オーディションの第一関門が通らなかったら、やめてくれ」

と言われてしまいます。

 

中村佳穂さんは、その言葉に負けじと、

  • オーディションのための作曲活動
  • ライブハウスでの活動

などを頑張っていました。

 

そして、大学2年の頃には、年間約150回ステージで演奏

その結果、CD約3000枚を売る人気を獲得しています。

大学卒業後

大学卒業した年に1stアルバムをリリース

2016年7月2日には、『SIMPO RECORDS』から1stアルバム『リピー塔が立つ』をリリースしました。

 

アルバムを出すきっかけとなったのは、大学1年生。

友達のレコーディングにキーボード担当として『スタジオシンポ』を訪問。

すると、『SIMPO RECORDS』代表の小泉大輔さんと出会ったといいます。

 

小泉大輔さんは、中村佳穂さんを一目見て才能を見出し、その後のサポートをしたのです。

小泉大輔さんは、その時の中村佳穂さんの印象をこう話しています。

 

小泉「最初の印象は、〈放課後の音楽室に急に天才が現れた〉みたいな感じでしたね。合唱コンクールのすごく良い曲を、オリジナルで作っているようなイメージ。

出典元:Mikiki

 

『FUJI ROCK FESTIVAL』に初出演

イベントに参加するお客さん達

2016年7月には、日本最大規模の野外音楽イベント『FUJI ROCK FESTIVAL』への初出演を果たします

この出演がきっかけとなり、多くの音楽関係者から注目を集めることとなりました。

 

ちなみに、初出演時の中村佳穂さんは、完全無名

にも関わらず、45分ステージで100枚もCDを売り上げたとのこと。

 

――そのときの模様はYouTubeにもアップされてますが、動画の説明文にも「完全無名にも関わらず、演奏が人を呼び、人が人を呼び、気づけば45分ステージで驚異の100枚CDを売り上げた」とあるように凄まじい内容だったみたいで。

 

こっちも楽しかったです! 急遽セットリストもバキバキな内容に変えて、スクラッチやビートボックスもやってもらったりしてたら、あっという間に終わってしまいました。

出典元:富士祭電子瓦版

 

完全無名でもこれだけ売り上げたのは、それほど中村佳穂さんの音楽がお客さんの心に響いたからなんでしょうね!

 

『関ジャム完全燃SHOW』で注目を浴びる

2019年1月20日には、『関ジャム完全燃SHOW』にて、

『売れっ子プロデューサーが選ぶ2018・年間ベスト10!!』

が発表され、中村佳穂さんの楽曲が2曲も選ばれていました!

 

中村佳穂さんの楽曲を選んだのは、蔦谷好位置さんmabanuaさん

選出した楽曲と順位は、以下の通りです。

 

順位楽曲
蔦谷好位置さんベスト10中 2位『きっとね!』
mabanuaさんベスト10中 1位『You may they』

 

お二人ともベスト10の中で上位に中村佳穂さんの楽曲を選出。

この結果から、プロデューサーの方からも中村佳穂さんの音楽が認められていることが分かります。

 

2019年以降、多くの音楽イベントへの出演をする

『関ジャム完全燃SHOW』で多くの方に注目されたこともあり、2019年以降は多くの出演を果たしています。

以下、一部の出演したイベントや受賞内容です。

 

  • 2019年3月 アルバム『AINOU』が『APPLE VINEGAR - Music Award -』大賞を受賞
  • 2019年7月、『FUJI ROCK FESTIVAL ’19』に出演。
  • 2019年9月、野外音楽フェス『SWEET LOVE SHOWER 2019』に出演。
  • 2019年9月、ライブイベント『MUSIC CITY TENJIN 2019』に出演

 

そして2021年には、『竜とそばかすの姫』の主人公・すず役の声優として抜擢。

また、『竜とそばかすの姫』の劇中歌のボーカルにも選出。

 

今後、中村佳穂さんがこれまで以上に活躍していくことは確実でしょう!

 

中村佳穂さんの経歴・生い立ちまとめ

今回は、中村佳穂さんの経歴・生い立ちについて紹介しました。

以下、今回の簡単なまとめになります。

  • 幼少期から音楽を聴き、2歳からピアノを習っていた
  • 高校時代は、『吹奏楽部』『美術部』を掛け持ちしていた。
  • 美術大学に合格するも、音楽に専念することを決断し、美術大学の入退を辞退
  • 音楽活動は20歳から開始。
  • 2016年に開催された『FUJI ROCK FESTIVAL』への初出演が転機となる。
  • 2019年1月に放送された『関ジャム完全燃SHOW』で楽曲が選ばれる

関連記事

こちらの記事もよく読まれています

-歌手・ミュージシャン

© 2021 ハロピョンブログ Powered by AFFINGER5