クリエイター

南條沙歩のwikiプロフ!出身大学・高校はどこ?年収やアニメ作品動画も知りたい!

アニメーション作家として活躍されている南條沙歩さん

寝ている間に見た夢をイラスト化した『夢日記』をネット上で発信していることで、話題になっています!

 

そこで今回は、南條沙歩さんについて、

  • Wiki風プロフィール
  • 出身高校・大学はどこ?
  • 年収はどれくらい?

などを紹介していきます!

また、南條沙歩さんが制作したアニメ作品の動画についても触れていきます。

南條沙歩さんのwiki風プロフィール

名前南條沙歩(なんじょう さほ)
生年月日1989年10月21日
年齢30歳(2020年8月時点)
星座てんびん座
出身地岐阜県各務原市

南條沙歩さんは、身体感覚を意識させるような断片的な記憶と気配の描写、そして、現実的な時間と内的な時間の屈折や重なりを表現することを試みた手描きアニメーション作品を制作しています。

 

ネット上で話題になっている『夢日記』は、下記のURLから見ることができます。

参考:https://southjyooo.tumblr.com/

 

寝ている時に見る夢って、だいたい覚えていないことが多いですよね。

でも、南條沙歩さんは夢を覚えていて、それをめちゃくちゃ上手くイラスト化させているので、『夢日記』を見ていると、すごい引き込まれます。

ピョンちゃん
夢の内容によって、絵のテイストをコロコロと変えているのがすごいです(;´・ω・)
スポンサーリンク

南條沙歩さんの出身高校はどこ?

南條沙歩さんの出身高校は『KTC中央高等学院(KTCおおぞら高等学院)』です。

出身高校が分かった理由は、南條沙歩さんのfacebookに記載されていたためです。

参考:https://ja-jp.facebook.com/saho.nanjo

 

KTC中央高等学院について調べてみると、通信制の高校であることが分かりました。

KTC中央高等学院では、担任の先生(コーチ)を自分で決めることができたり、登校日数も週5日の中から自分のペースで決めることができたりと、柔軟に対応してくれる学校のようです。

 

南條沙歩さんは、最初からKTC中央高等学院に通っていたのかな?と思いましたが、最初は普通科の高校に通っていたようです。

 


普通科の高校で何があったのかは分かりません。

ただ、この内容からして、一度高校を中退してから、KTC中央高等学院に入学したのだと思われます。

ピョンちゃん
学校で集団生活を送っていると、良いことも悪いことも起こりますからね…。
個人的には、最終的に自分のためになるのなら、どんな選択も間違いではないと思います。

南條沙歩さんの出身大学はどこ?

南條沙歩さんの出身大学は、『名古屋学芸大学』です。

大学の方も南條沙歩さんのfacebookに記載されていたため、判明しました。

参考:https://ja-jp.facebook.com/saho.nanjo

 

学部と学科は『メディア造形学部映像メディア学科』です。

 

名古屋学芸大学は、2002年に開校した大学で、比較的新しい学校のようです。

ですが、プロが使うAdobeソフトを4年間無料で使用できたり、DVDをレンタルして鑑賞できるMLCという施設があったりと、環境はすごく整っているみたいです!

この素晴らしい環境があったからこそ、現在の南條沙歩さんがあるのかもしれませんね!

ピョンちゃん
ちなみに、名古屋学芸大学の出身者には、元SKE48のメンバー『高木由麻奈』がいたので、ちょっとびっくりしました!Σ(・□・;)

大学卒業後は大学院へ進学

名古屋学芸大学の卒業後は、『京都市立芸術大学大学院』へ進学しました。

学部・学科・専攻は、『美術研究科 構想設計専攻』です。

 

京都市立芸術大学大学院について調べてみると、自主的な制作・学習を求められる学校のようです。

自由に作りたい!学んでいきたい!という方にとっては、とても環境の良い大学とのこと。

ピョンちゃん
この自由な環境で学んでいたため、『夢日記』のような色々なテイストでイラストを描くことことができるようになったんでしょうね!

南條沙歩さんの年収はどれくらい?

アニメーション作家として活動している南條沙歩さん。

年収はどれくらい稼いでいるのか気になったので、調べてみました!

 

結論から言いますと、400万円~700万円くらいかなと思われます。

 

クリエイターは、人気がなければ売れない業種です。

人気のある物だけを制作し続けられるなら年収は高いですが、誰でも毎年多く稼げるとは限りません。

 

なので、フリーとして活動する南條沙歩さんの年収は、年々によってバラつきがあると思われます。

ただ、南條沙歩さんは、京都市立芸術大学の非常勤講師として働いていることが分かりました。

 

アニメーション作家のだいたいの年収が、

300万円~600万円

と言われているので、非常勤講師のお給料も踏まえて考えると、100万円くらいプラスされて、

400万円~700万円

くらいかなと予想しました。

スポンサーリンク

南條沙歩さんのアニメ作品動画!

南條沙歩さんがこれまでに制作なさったアニメーション作品の動画をご紹介していきます!

 

『シルバーワープ』(2017年)

シルバーワープ - GUMI MV

 

ウォルピスカーター MV 『1%』(2019年)

ウォルピスカーター MV 『1%』

 

中川翔子 『ある日どこかで』Music Video(2019年)

中川翔子 『ある日どこかで』Music Video

 

YOASOBI「たぶん」Official Music Video(2020年)

YOASOBI「たぶん」Official Music Video

 

まず、動画のが1つ1つのテイストが異なっていることやクオリティが高いことに驚きですね。

そして、『中川翔子さん』や『YOASOBI』といった有名な方々から依頼されているということも驚愕しました!Σ(・□・;)

やはり、南條沙歩さんはアニメーション作家として、その界隈では有名な方なんでしょうね…!

南條沙歩さんについてのまとめ

今回は、南條沙歩さんについて紹介しました!

以下、今回のまとめになります。

  • 出身高校は『KTC中央高等学院(KTCおおぞら高等学院)』。
  • 出身大学は『名古屋学芸大学』。
  • 大学卒業後は、『京都市立芸術大学大学院』へ進学。
  • 年収は、個人的な予想として『400万円~700万円』

こちらの記事もよく読まれています

-クリエイター
-アニメーション作家

Copyright© ハロピョンブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.