アーチェリー

岡崎愛子のwikiプロフや経歴!パートナーと結婚してる?福知山線脱線事故に負けず挑むパラリンピック!

2020年4月27日

Hello!ピョンちゃんです!

パラアーチェリー・W1(車いす)女子の岡崎愛子選手!

競技歴が4年と浅いながら、東京パラリンピック代表に内定したことで話題になっています!

 

そこで今回は、岡崎愛子さんのwiki風プロフィール経歴パートナー結婚のこと、障害成績について、色々と紹介していきます!

 

岡崎愛子さんのwiki風プロフィール

名前岡崎愛子(おかざき あいこ)
生年月日1986年1月10日
年齢34歳(2020年4月時点)
出身地大阪府
出身校同志社大学(商学部)
所属ベリサーブ

岡崎愛子さんは子供の頃から『体を動かすこと』、『スポーツ』がとても大好きだったようで、学生時代は、以下のスポーツ等をやっていたようです。

 

  • 小学生時代:テニス
  • 中学時代:ソフトボール
  • 高校時代:愛犬と一緒にフリスビードッグの競技に出場

 

岡崎愛子さんの経歴

岡崎愛子さんの経歴について、紹介していきます。

 

JR福知山線脱線事故に遭遇

2005年4月25、同志社大学2年生だった岡崎愛子さんは、通学のために福知山線の電車に乗っていました、

 

しかし、誰もが記憶に残っている『JR福知山線脱線事故』が起きてしまい、その事故に巻き込まれてしまいます。

 

奇跡的に命は助かりましたが、頸髄(けいずい)を損傷

首から下にまひが残るという障害を負ってしまい、約1年の入院生活を送ることになりました。

 

ソニーへの入社と退社

退院後は、車イスで同志社大学に復学。

その後、2008年に大学を卒業し、就職活動を始めます。

 

その結果、「配慮はするが、特別扱いはしない」という社風を持つ『ソニー』に運良く採用されたことで、2008年、ソニーへ入社しました

 

しかし、2014年2月にソニーを退社してしまいます。

理由としてあったのは、「犬に関わる仕事がしたい」という想いがあったためと言います。

 

岡崎愛子さんの家では2頭の犬を飼っており、事故後にその犬たちの存在を大きく感じ、心を救われたそうです。

そのため、岡崎さんを救ってくれた犬たちのためにも何か恩返しをしたいということで、ソニーを退社したとのこと。

 

ピョンちゃん
ソニーを退社する際、家族には悲しがられたそうで、家族の気持ちがなんかわかっちゃいますよね(;´・ω・)
せっかくソニーに入社できたのに退社なんて…って(汗)。
まぁ、岡崎さんの気持ちもよく分かるので、家族にとっては複雑な心境だったことでしょう…。

 

アーチェリーとの出会い

岡崎さんがアーチェリーと出会ったのは、2013年の冬。

 

元々、動くことやスポーツが大好きだった岡崎さん。

車いす生活になっても、体を動かしたい!という気持ちがあったそうです。

 

昔から続けていたフリスビードッグをやりかったそうですが、車イスとなった状態ではフリスビーを上手く投げることができず、諦めたとのこと。

 

そんな思いの中、岡崎さんの母親は大学時代にアーチェリー部にいたらしく、

「車いすでもアーチェリーはできるよ」

と言われたことがきっかけとなり、アーチェリーを始めたそうです!

 

しかし、アーチェリーをするには、

  • 矢をつがえる
  • 的に当たった矢を引き抜く

といった作業が必要。

 

岡崎さん一人では、それらをすることが困難でした。

なので、両親が東京へ来てくれる時だけしか、アーチェリーをまともにできなかったそうです。

 

そのため、アーチェリーの練習は、数ヶ月に1回という頻度だったといいます。

 

ピョンちゃん
せっかく自分が動ける競技を見つけることができたのに、数ヶ月に1回しかできないのは、中々辛かったでしょうね(´・ω・`)

 

本格的にアーチェリーの世界へ

2016年、岡崎さんに転機が訪れます。

 

岡崎さんのアシスタントを務めてくれる人が現れたことで、アーチェリーを本格的に練習できるようになったのです!

 

その結果、2018年4月には、パラアーチェリーの国内大会に初出場!

そして、2019年6月には国際大会に初出場し、ミックス戦(W1)で3位という成績を残し、東京パラリンピック代表に内定したんです!

 

2019年11月には、アスリート雇用としてベリサーブに就職し、環境の整った場所で練習ができるようになったとのこと。

 

ピョンちゃん
本格的に練習するようになってから、わずか3年で国際大会に初出場するだけでもすごいです!
しかし、それ以上にその国際大会の結果から東京パラリンピック代表内定するってのが、一番ヤバいですね!
元々スポーツ等が好きな岡崎さんだったからこそ、このような素晴らしい結果を得ることができたんでしょうね。
スポンサーリンク

岡崎愛子さんはパートナーと結婚してる?

先述したように、岡崎愛子さんには、2016年からアーチェリーのアシスタントを務めてくれる人がおります。

名前は、堀雄太さんといいます。

 

岡田さんのパートナーともいえる掘さんですが、岡田さんとはどんな関係なのか?

 

普通の知り合い程度なら、アーチェリーのアシスタントを務め続けるとは思えない…。

なら結婚、もしくはお付き合いしているのかな…?と気になったので、ちょっと調べてみました!

 

しかし、岡田さんと掘さんが結婚している、お付き合いしているという情報はありませんでした

 

ですが、とある記事で以下の記述を見つけました!

 

車いす生活になり、一時は恋愛も諦めかけたが、2年前に「一緒にいたいと思える」男性(36)に出会った。昨年秋からはアーチェリーを本格的に始め、「毎日の生活を楽しめるようになった」

引用元:https://www.sankei.com/west/news/170424/wst1704240112-n1.html

 

この記事が書かれたのが2017年4月。

2年前とあるため、2015年頃にある男性と出会っていることになります。

 

2015年に出会い、2016年にアーチェリーのアシスタントを務めるようになったという流れなら、この男性が掘雄太さんなのではないかな、と個人的に思います!

 

もしそうであるなら、東京パラリンピックが終わった後に結婚するのではないかなぁ…と。

いずれにしても、岡田さんには幸せになってもらいたいものです!

 

岡崎愛子さんの障害について

岡崎愛子さんは、JR福知山線脱線事故に巻き込まれてしまい、頸髄(けいずい)を損傷してしまいます。

この大怪我をしたことにより、以下の症状が出ているそうです。

 

  • 首から下にまひが残り、自力で歩けなくなった
  • 握力がゼロになった
  • 体温調節がうまくできない

 

身体のまひが残っているために、物を落とした際は簡単に取れないのが不便とのこと。

 

また、体温調節ができないことで、夏場はとにかく暑くてめまいを起こしたり冬場はとにかく震えるほど寒くて、かなり大変なんだとか…(;´・ω・)

 

ピョンちゃん
普段、私達は意識せずに体温調節ができていますが、それができないだけでこんなに苦労するものだなんて想像できないですね…。

 

岡崎さんは、毎週1,2回続けているリハビリを何年も続けているそうです。

リハビリの内容は、トレーニングマシンなどを活用して、全身の筋力トレーニングを行っているとのこと。

 

このリハビリにより、事故直後よりも指が動くようになってきているそうです!

ピョンちゃん
何年も努力することにより結果はちゃんと出てくれるんですね…!

 

岡崎愛子さんの成績

岡崎愛子さんの主な戦績について、紹介していきます!

 

開催年大会名種目成績
2019年第43回のじぎく杯アーチェリー大会W1女子2位
パラアーチェリー世界選手権大会(オランダ)W1女子9位
ミックス戦(W1)3位
第29回交流アーチェリー大会W1女子1位

競技歴が浅いため、大会への出場がまだ少ないです。

しかし、競技歴がまだ4年とは思えない成績を残していますので、これからの活躍に期待できると個人的に思っています!(`・ω・´)

 

まとめ

今回は、パラアーチェリー・W1(車いす)女子の岡崎愛子選手について紹介しました!

以下、今回のまとめになります。

 

  • JR福知山線脱線事故により、首から下にまひが残ってしまう
  • アーチェリーを始めたきっかけは、母親の助言。
  • アーチェリーを始めた当初は、数ヶ月に1回という頻度でしか練習できなかった
  • 2016年からアシスタントの方が現れたことで、本格的に練習できるようになった
  • パートナーの方と結婚はしていない。

競技歴がまだ短い岡崎愛子さんですが、これから更に練習を重ねることで、更にアーチェリーの腕が上がっていくのではないでしょうか!

これからのご活躍に期待します!

-アーチェリー
-パラリンピック

Copyright© ハロピョンブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.