芸人

渡部建の記者会見が失敗したのはなぜ?その理由と謝罪会見は演出説を考察

2020年12月5日

2020年12月3日、今年6月から活動自粛中だったアンジャッシュ・渡部建さんが不倫騒動に関しての記者会見(謝罪会見)を開きました。

 

しかし、Yahooニュースの『アンジャッシュ渡部建、会見の納得度は?』というアンケートを見てみると、以下の結果が出ていました。

納得できなかった:79.4%(53,313票)(※2020年12月5日時点)

出典元:Yahooニュース

 

約8割の方が『納得できなかった』と回答し、「記者会見をやらなかった方がマシだったのでは?」と言われるほどでした。

 

ピョンちゃん
まぁ記者さん(レポーター)に関する非難も多いため、この『アンケート=渡部建さん本人のみへの回答』という訳でないと思いますけどね…。

 

渡部建さんの記者会見はなぜこのように失敗してしまったのか?

今回は、その理由について考えてみましたので、ご紹介致します。

 

渡部建さんの記者会見が失敗した理由について

記者会見で謝る男性

記者会見が失敗してしまった理由としては、以下の3つが考えられます。

 

  • 記者会見を不倫発覚直後に行わなかった
  • 何の会見か分からない
  • 答えになっていない応答が多数見られた

 

記者会見を不倫発覚直後に行わなかった

一番の理由としては、やはり会見を行うまでに約半年もかかった事でしょう。

 

これまでの芸能人の不倫騒動では、発覚した後は、そこまで時間をかけずに会見が行われていた印象が強いです。

 

ガキ使に出演している原田龍二さんの場合だと、

  • 2019年5月29日:不倫を報じられて発覚
  • 2019年5月31日:東京都内にて記者会見を開く

といったように2日後には、記者会見に臨んでいるんです。

 

ですから、これまでの芸能人の不倫騒動に比べて、長期にわたって会見をしていなかった事により、

 

半年も雲隠れしておいて、いまさら会見開いて何を喋るの?

 

といった感じで、印象が最悪な状態からスタートしたため、これが失敗の一因となったと思われます。

 

ピョンちゃん
「せっかく忘れてたのに、今回の会見で不倫の内容を思い出して不快になった…」という人もいたし、やはりすぐに会見をしないとダメだなって思ったね(´・ω・`)

 

何の会見か分からない

疑問に思う男性

渡部建さんは今回の会見を『一連の報道への謝罪会見』と称しています。

 

しかし、今回の不倫騒動において、渡部建さんが謝罪するべき相手って

  • 妻・佐々木希さん
  • 相方・児嶋一哉さん
  • テレビ番組で共演している方々
  • スポンサー関係者

などが中心だと思うんですよね。他にも大勢いるかもしれませんが。

 

ピョンちゃん
もちろん、視聴者で不快に思った人はたくさんいると思うけど、実害は全く被ってないから、謝罪会見と言われると「?」って思ったんだよね。

 

ですが、タイミング的には、ガキ使大晦日の笑ってはいけないシリーズに出演したとの報道があり、非難が高まっていた時期です。

 

それを踏まえて考えると、今回の会見をやった意味って、

 

ガキ使の出演で芸能界復帰しようと思ったら、バレて炎上してしまった…。
数日経っても批判は収まらないし、このままではせっかくガキ使に出演したのに復帰ができない…。
なら会見をして、なんとか出演できる状態に持っていこう…。

 

って風にしか見えないんです。

 

なのに『謝罪会見』と言い出したため、「半年経ってから、いまさら誰に謝罪?」と疑問しかない訳です。

 

この事を踏まえて考えると、渡部建さんにとって今回の会見は、『謝罪会見』というより、芸能界へ復帰するための『復帰会見』としたかのったではないかなと予想します。

 

しかし、テレビ局・番組側との規約上からなのか、ガキ使出演については何も話せないという縛りが存在していたのかなと。

そのため、記者(レポーター)が番組の事を突っ込んでも、「私の口からは言えません」の連発。

 

その結果、ぐだぐだな質疑応答が続いてしまい、「結局この会見で何がしたかったの?」と疑問が残った状態になり、失敗に繋がったのではないかなと思います。

 

ピョンちゃん
誰の目から見ても「芸能界復帰のために、この会見を開いた」というのはバレバレ。
だったら、謝罪会見とか下手にごまかさない方がまだマシだったんじゃ?と思ってしまうね。
スポンサーリンク

答えになっていない応答が多数見られた

困っている男性

今回の記者会見では、約100分間にわたっての質疑応答となりました。

多くの質問が飛び交う会見でしたが…番組関係以外の質問であっても、答えにならない応答が多数見られたんですよね

 

例えば、なぜ多目的トイレという場所を選んだのか?という質問なら、以下の答え。

 

――どうしてその場所でしたのか。

「身勝手といいますか、本当に馬鹿なことといいますか」

出典元:ENCOUNT

 

不倫相手の女性に対して1万円を渡した事に関する質問なら、以下の答え。

 

――1万円を渡した? どういう1万円だったのか。

「身勝手な行動でした」

出典元:ENCOUNT

 

なんというか、渡部建さん自身のイメージがこれ以上に下がるような質問に対しては、上手くはぐらかそうとしていた…という印象を受けるんですよね。

 

実際、渡部建さんの元に、「質問に答えていない。自分の身を守りたいだけ?」という辛辣な声が届いていました。

 

――この記者会見を見ている視聴者から、記者の質問に答えていない、自分の身を守りたいだけではないのか、厳しい声が来ています。

「申し訳ございません。お答えできることは全力でお答えしたいと思っています」

出典元:ENCOUNT

 

ピョンちゃん
全ての質問に対して誤魔化した訳ではないけれど、会見を開いたにも関わらず、まだはぐらかそうとするなら、会見する意味なくない?って思っちゃいました(´・ω・`) 

 

渡部建さんの記者会見は渡部サイドの演出によるもの?

裏表のある仮面

記者会見に臨んだ渡部建さんですが、世間の反応は冷たいものが多く、結果としては失敗したといえるでしょう。

 

しかしその一方で、渡部建さんに対する同情の声も多くありました

なぜなら、記者の執拗な質問の繰り返しが何度もあったためです。

 

その質疑応答を見た視聴者の一部からは、

 

集団いじめにしか見えない

元々悪いのは渡部さんだけど、それ以上に記者の質問が不快だった

 

と渡部建さんよりも、記者(レポーター)に不快感を示す方も少なくなかったのです。

 

ですが、この記者からフルボッコにされた一連の会見の流れは、渡部建サイドのシナリオ、演出であるという驚きの説があるのです

また、会見内での渡部建さんの態度は演技では?といった情報もありましたので、順番に紹介していきます、

 

記者に責められるのはシナリオ通り?

大人数に責められる人

今のご時世、人と人との距離を十分に取るのは、どこでも当たり前の常識です。

にも関わらず、今回の会見ってなぜか『囲み取材』なんですよね。

 

一応、フェイスシールドなどを付けてはいましたが、あれだけ近かったら、今後危ない状況になるんじゃ?と危惧する人は大勢いました。

 

この疑問に対して調べてみた所、こんな情報が記載されていました。

 

「“リポーターに責め立てられる”というのは渡部サイドのシナリオ通りです。コテンパンにやられる姿を見せなければ世間は許してくれない。だからこそこのコロナ禍で感染のリスクがあるなかで、囲み取材という“接近戦”を選んだ可能性がある。脂汗をかいて女性リポーターに叱られる画を世間に晒す必要があったんでしょう」(芸能プロ関係者)

出典元:FRIDAYデジタル

 

正直、今のご時世で『囲み取材』を長時間ってどうなの?という疑問がありました。

 

そのため、世間から許されるために『囲み取材』を選び、記者から責められる姿を見せることを同情を誘った…というこの記事内容の通りであれば、納得できる部分は多いんですよね。

 

普通であれば、芸能人の会見であろうと、ソーシャルディスタンスを守って一定の距離を保つべきです。

そして、それが多くの命を守ることに繋がることなんですから。

 

にも関わらず、『囲み取材』を強行した渡部建さんと事務所側?の意図は何なのか?と考えると…こういう事を言われても当然かなと思ってしまいます。

 

また、どうやら過去に不倫が発覚した芸能人の方々の会見模様を調べてみると、ほぼ全員が『囲み取材』を行っていたんだとか!

 

今まで不倫報道後に会見をして復帰した人を見ると、ほぼ全員が囲み会見なんです。東出昌大、原田龍二、袴田吉彦、中村橋之助、渡辺謙、三遊亭円楽など、みんな女性リポーター陣にボコボコにされている。その禊がなければ復帰できないのではないかと事務所が考えたのではないでしょうか。

出典元:FRIDAYデジタル

 

不倫騒動に関する記者会見を行わないといけなくなった状況の渡部建さん。

そんな時、

どのような記者会見をすれば、芸能界に復帰できるようになるんだ…

と頭を悩ます渡部建さんと事務所側が取った行動として、過去の不倫騒動を参考にするのは普通にあり得る話。

 

となると、今の情勢下だとしても、過去の不倫から復帰した人達のやり方を見て、

復帰のためだ…囲み取材しかない…!

という選択をしてもおかしくないとは思いますね。

 

ピョンちゃん
正直な所、このシナリオ通りっていうのは嘘であってほしいけどね…。安全面よりも世間から許されやすい状況を作る方を優先するって…。これが本当なら、今まで以上に叩かれる未来しかないよ。
スポンサーリンク

渡部建さんの会見での態度は全て演技?

笑う仮面と泣く仮面

記者会見ではかなりボロボロになって受け答えをしていたように見えた渡部建さん。

 

しかし、渡部建さんと同じ事務所に所属するお笑い芸人『おぎやはぎ』からすると、渡部建さんの態度は演技に見えたようなんです

 

「緊急会見の見どころを伝えたかった」と嘆きながら「泣きそうな顔で、しかめっ面で涙が全然出ないやつ」(矢作)、「昔の聖子ちゃんみたいなやつね。出そう出そうとしているんだけど涙が出ないやつ」(小木)と笑いを交えながら演技の可能性を指摘。

出典元:東スポWeb

 

ピョンちゃん
確かに言われてみると、泣いているように見えて涙は全然出ていなかったんだよね…。まぁだからといって、全て演技かって言われると分からないんだけど(´・ω・`)

 

また、おぎやはぎのお二人は、渡部建さんの本性に関する証言をしており、かなりバッサリ言っているんですよ

 

矢作は「俺たちは渡部さんの本性を知ってるから」、小木は「世間は渡部さんの爽やかさにだまされ、まんまと引っかかっていると思っていたよ。本当に悪いのを知ってるのは人力舎の人間だけじゃない」と笑いながら話した。

出典元:東スポWeb

 

ピョンちゃん
今回の会見では、記者の執拗な質問が問題になり、記者を非難している芸能人も多いだけに、このように渡部建さんのことをバッサリ言ってしまう人がいるとは思わなかったよ(;´・ω・)

 

私達視聴者が渡部建さんを知っているのは、テレビでの一面だけ。

ですから、同じ事務所であり、お笑い芸人であるおぎやはぎからすると、一般人では知り得ない渡部建さんの裏の顔が見えていたとしてもおかしくありません

 

となると、おぎやはぎの発言は結構信憑性があるのかなと思ったりもします。

 

筆者の経験談

今回の会見中継を友人の女性と一緒に視聴していたのですが、20分くらい見続けた後に「演技っぽいな」と発言して、「え?そうなの?」と驚いた記憶があります。SNS上でも「演技では?」という声が多数あるため、そんな気もしてますが、まぁとりあえず私は半信半疑って感じです。

 

渡部建さんの記者会見が失敗した理由まとめ

今回は、渡部建さんの記者会見が失敗した理由や、会見が演出説といった情報について紹介しました。

以下、今回のまとめになります。

 

  • 記者会見が失敗してしまった理由としては、『会見を行うまでに約半年もかかった』『謝罪会見とは誰に対してのものか分からない』『はぐらかす答えを多数していた』の3つが考えられる。
  • 記者から執拗に責められる会見は、渡部サイドのシナリオ、演出という説がある。
  • おぎやはぎのお二人のコメントから、渡部建さんの会見での態度は演技の可能性がある。

世間の態度を見るに、今回の会見は失敗してしまった渡部建さん。

会見内では、今回の会見は『謝罪会見』としており、『復帰会見』もまた別で考えているといった発言をしています。

このような状況化で復帰会見はいつになるか分かりませんが、まだまだ注目される存在である事は間違いないでしょう。

 

こちらの記事もよく読まれています

-芸人
-アンジャッシュ, 渡部建

Copyright© ハロピョンブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.