バドミントン

山崎悠麻(バドミントン)のプロフ!夫(旦那)や子供はいる?交通事故に負けず目指す金メダル!

2020年3月11日

Hello!ピョンちゃんです!

2020年の東京パラリンピック開催まで、あと数ヶ月という時期になりました!

今回のパラリンピックは、パラバドミントンが初めて正式競技に採用されるということもあり、「日本勢がメダルを獲得するのでは!?」と期待を膨らます人も多いです!

 

そんなパラバドミントンで一番期待されている選手が山崎悠麻さんです!

パラバドミントンの選手でもあり、母としての顔も持つ山崎悠麻さんに興味を持つ方が大勢います。

 

そこで今回は、山崎悠麻さんのプロフィール夫・子供のことから、これまでの戦績バドミントンをいつからやっているのかなど、山崎悠麻さんについての詳しい情報を紹介していきます!

山崎悠麻さんのプロフィール

  • 名前:山崎悠麻
  • 身長:160cm
  • 体重:58kg
  • 生年月日:1988年4月8日
  • 年齢:32歳(2020年時点)
  • 出身地:東京都 国分寺市
  • 好きなこと:お酒を飲むこと
  • 好きな色:ピンク
  • 所属:NTT都市開発株式会社

2017年9月までは、調布市役所管財課の職員として働いており、市の資産を管理する業務を担当していました。

しかし、さらなる充実した練習環境を求めて、NTT都市開発株式会社に転職

この転職により、通常の勤務は週1回になり、集中して練習ができるようになったそうです。

 

転職をするというのは、普通の方でさえ中々できないことだと思います。

それでも、パラバドミントンの練習に割く時間が欲しいために、転職を決断するというには、それだけパラバドミントンに情熱をかけているということ。尊敬してしまうレベルです…!

 

また、休日などは、夫と子供達と一緒に買い物や公園に出かけるそうです。

 「私自身、家で遊んだりするのが苦手で・・・出かけることが好きなんです。なので、休日は子供たちと公園に行って遊んでいます。楽しく遊んでいる姿を見るのはやはり嬉しいですし、いつもは練習などで離れてる時間も多いので、休みの日は一緒の時間を過ごすようにしています。今では、私の趣味も”公園で遊ぶこと”になってきています(笑)。」

引用元:https://www.sports-tokyo-info.metro.tokyo.lg.jp/tokyo-athletet/20180207.html

足が不自由だと、外へ行くことに気が進まないものじゃないかなと思っていましたが、こういったコメントを聞くと、アクティブな方なんだなと思いますね!

 

山崎悠麻さんの交通事故について

山崎悠麻さんが高校生1年の冬の時期、交通事故に遭ってしまい脊髄を損傷、腰から下の感覚がなくなってしまったとのこと。

 

それから車いすの生活になり、学校に行っては帰るという繰り返しをするだけで精一杯の状態だったそうです。
そのため、山崎悠麻さんが就職するまでは全く余裕がなく、バドミントンのことすら頭になかったようです。

 

もし私が同じ状態になったなら、学校に行く機さえ起きなくなると思います。
なので、それでも登校し続けた悠麻さんは、学生時代からメンタルが強かったのかもしれません。

 

ところが、高校を卒業し専門学校に入ったことで状況が変化。

車いすで入れるトイレの場所が遠いことから、近くの狭いトイレに入れないかと色々試していた結果、20歳くらいから体の機能が徐々に回復したのです!

当初は、腰から下の感覚がない状態だったにも関わらず、今では、感覚がないのは膝から下とのことです。

 

まさかトイレへ入るための試行錯誤がリハビリ効果となって、体の機能が回復していくなんて誰にも予想できませんね…!
何にしても、状態が少しでも良くなってくれて本当に良かったなって思います!

 

山崎悠麻さんの家族について

山崎悠麻さんの夫や子供など、家族について紹介してきます!

 

夫について

夫の名前は『篤史』さんです。

元々は高校の先輩で、学生時代からずっと見守っており、山崎悠麻さんとは22歳で結婚とのこと!

 

悠麻さんから趣味としてパラバドミントンをやりたいとの相談を受けた際は、

「やりたいことがあるならやってみれば」

と答え、応援してくれたそうです!

 

篤史さんは家事は得意ではないそうですが、育児はできると悠麻さん談。

そんな篤史さんが家族を支えてくれているおかげで、悠麻さんはパラバドミントンに集中できているんです!

 

篤史さんは悠麻さんに対し、このようなコメントを残しています。

「車いすになってから試合に出て、結果が残せるのは妻の努力もあるかと思うので、サポートしつつ、妻が楽しみながら頑張っていけたらいいんじゃないかな」

引用元:https://www.nhk.or.jp/shutoken/miraima/articles/00324.html

いやー…学生時代からずっと見守っていたという話だけでも、かなり心が温まるのですが、悠麻さんとの結婚後のお話もかなり良いですね…!

妻のやりたいことを応援し、家族のためにサポートし続けてくれる夫。

こんな旦那様がいてくれて、悠麻さんは本当に幸せ者だなぁと思っちゃいます!

 

子供について

悠麻さんと篤史さんの間には、2人の息子さんがおります

長男の名前は『倖翔』くん。

次男の名前は、残念ながら分かりませんでした。

2012年に長男・倖翔くんを、2014年には次男を出産しています。

 

悠麻さんが試合に負けた時は、落ち込んだり考え込むこともあるそうです。

しかし、家に帰れば悠麻さんに駆け寄ってくる息子たちがおり、母にならないといけない。

そのため、落ち込んでいたとしても良い感じでスイッチを切り替えることができ、子供達によく助けられているとのこと。

 

山崎悠麻さんが母親として子供達の面倒を見ることは、大変なことも多くあると思われます。

しかし、それ以上に子供達がいるからこそパラバドミントンを頑張れる!という面もあるんだなということが伝わってきます。

 

両親について

両親についてですが、父親は『州良』さん母親は『康子』さんです。

 

自宅から車で1時間ほどの埼玉県の体育館で練習を行う際や、海外遠征などで家を空ける時は、子供達の面倒を見るために、両親が駆けつけてくれるそうです!

悠麻さんのお母様である康子さんは、子供の保育園の送り迎えや、夫である篤史さんが帰ってくるまで家にいてくれて、ご飯まで用意してくれるのだとか。

 

このエピソードから、本当に悠麻さんは家族に愛されているんだなということが分かりますね!

お父様は娘の悠麻さんのことで、こんなコメント残しています。

「こんなに元気な、いわゆる障害者いないよ。娘の試合を見に行くのがもう本当楽しみで、それを口実に旅行に行かせてもらっている感じです、いつも」

引用元:https://www.nhk.or.jp/shutoken/miraima/articles/00324.html

山崎悠麻さんに限らず、パラリンピックを目指す方々は本当にポジティブというか、元気な方が多いなという印象を受けます。

 

私だったら、そこまでの元気が出ずにひっそりと生きる方を選んでしまうかも…って思っちゃいますから(汗)。

 

妹について

山崎悠麻さんには妹さんがおり、名前は『織恵』さんです。

悠麻さんが進学した中学校でバドミントンをやっていたそうで、インターハイで5位を飾るという悠麻さんに負けず劣らずの実力者だったようです!

今現在の情報は分かりませんでしたが、バドミントンを今でもやっているのであれば、かなり強そうですね!

スポンサーリンク

山崎悠麻さんの経歴

小学生時代

山崎悠麻さんは、小学2年生からバドミントンを始めました。

厳しいチームにいたこともあり、悠麻さんはバドミントンの技術を着実につけていきました。

そして、小学6年生の時にはダブルスプレーヤーとして、所属チームの全国出場に貢献するほど強くなったのです。

しかし、本人曰く「練習嫌いで有名な子」だったとのこと。

 

練習嫌いにも関わらず、全国出場に貢献するほど強くなるというのは、一種の才能なのでは…?と思ってしまいますね!

私の場合、練習をしても弱かったという経験しかありません(汗)。

ですから、練習をしなくても強くなってしまった!なんていう経験はちょっと羨ましい…!

 

中学生時代

小学生時代に引き続き、バドミントンを続けた山崎悠麻さん。

 

しかし、バドミントンを続けたのは、

「バドミントンをやるんでしょ?」

といった周りの圧のような空気からだったというから驚きです。

それに対し嫌だなという気持ちがあったにも関わらず、その圧に流されてしまい、最終的には中学3年間バドミントンをやることになったそうです。

 

そもそも、嫌だなと思ったら辞めちゃうのが普通だと思うのですが、流されて3年間やるっていうのは中々珍しいのではないでしょうか…?

私だったら嫌だと思ったら辞めてしまうので、続けてしまう根性?が逆に凄いって思ってしまいます!

 

パラバトミントンを始めたきっかけ

2013年、育休中だった山崎悠麻さん。

バドミントンからは離れていましたが、東京で開催されていた全国障害者スポーツ大会を観戦したことで、心境が変わります 。

「車いすでもバドミントンができるんだ」

と驚き、皆が楽しそうにパラバドミントンをプレイしている光景が心に残ったそうです。

 

そして、パラバドミントン選手の小倉理恵さんから

「一緒にバドミントンをやらない?」

を声をかけられます。

 

これがきっかけでパラバドミントンを始めましたが、すぐに次男の妊娠が判明し、途中で辞めてしまいます。

しかし、次男を出産した2ヵ月後の2014年10月にパラバトミントンに復帰

パラバトミントンの面白さに気付き、「一気に火がついた!」とは本人談。

 

そして、2014年12月にあった日本選手権では、いきなり準優勝を収める結果に!

翌年の世界選手権ではベスト8に入る快挙を成し遂げ、

「東京パラリンピックに行けるかも!」

と思い、さらにパラバドミントンにのめり込んでいったそうです。

 

パラバドミントンを始めた2か月後に日本選手権で準優勝になってしまうとか、やはり元々バドミントンの才能を持っていたということなんでしょうね!

また、小学生・中学生で培った技術がまだ身体に残っていたということでもあるんでしょうね。

どちらにしても、山崎悠麻さんのすごさを見せつけるようなエピソードです!

 

山崎悠麻さんの戦績

山崎悠麻さんのこれまでの主な戦績について調べてみました!

 

開催年大会名種目成績
2018日本国際大会シングルス優勝
女子ダブルス優勝
ミックスダブルス優勝
インドネシア2018アジアパラ競技大会シングルス3位
ミックスダブルス3位
2019ドバイ国際大会シングルス3位
女子ダブルス優勝
トルコ国際大会シングルス3位
女子ダブルス3位
カナダ国際大会シングルス優勝
女子ダブルス優勝
アイルランド国際大会シングルス2位
女子ダブルス優勝
世界選手権女子ダブルス3位
日本国際大会シングルス3位
女子ダブルス優勝
日本選手権シングルス優勝
女子ダブルス優勝

2018年、2019年とご活躍していますが…最低でも2位か3位、そして優勝という文字が多いこと多いこと!

こうやって戦績をさらっと見るだけでも、山崎悠麻さんのパラバドミントンの強さが分かってしまいますね…!

いや本当に凄すぎますよ……(汗)。

まとめ

今回は、パラバトミントン選手・山崎悠麻さんについて紹介しました!

パラバトミントンの選手として頑張る一方で、母として子供の面倒も見る山崎悠麻さん。
家族のためにも、是非金メダルをとって欲しい所ですね!
東京パラリンピックが始まったら皆で応援しましょう!

以下、まとめを記します。

 

◆山崎悠麻さんについて

身長160cm
体重58kg
生年月日1988年4月8日
年齢32歳(2020年時点)
出身地出身地
その他情報好きなこと:お酒を飲むこと 好きな色:ピンク
所属NTT都市開発株式会社
  • 高校生1年の冬の時期、交通事故に遭ってしまい脊髄を損傷、腰から下の感覚がなくなってしまった。
  • 山崎悠麻さんが就職するまでは全く余裕がなく、バドミントンのことすら頭になかった。
  • 近くの狭いトイレに入れないかと色々試していた結果、20歳くらいから体の機能が徐々に回復。
  • 今では、感覚がないのは膝から下。

 

◆夫について

  • 夫の名前は『篤史』さん。
  • 元々は高校の先輩。山崎悠麻さんとは22歳で結婚。

 

◆子供について

  • 長男の名前は『倖翔』くん。次男の名前は不明。
  • 2012年に長男を、2014年には次男を出産。

 

◆両親について

  • 父親は『州良』さん、母親は『康子』さん。
  • 海外遠征などで家を空ける時は、子供達の面倒を見るために駆けつけてくれる。

 

◆妹について

  • 名前は『織恵』さん
  • 悠麻さんが進学した中学校でバドミントンをやっており、インターハイで5位の成績。

 

◆バドミントンはいつからやっている?

  • 普通に立ってプレイするバドミントンは、小学2年生から。
  • パラバドミントンは、東京で開催されていた全国障害者スポーツ大会を観戦したことがきっかけで、2014年10月頃から。

こちらの記事もよく読まれています

-バドミントン
-パラリンピック

Copyright© ハロピョンブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.